プレハブ協会

プレハブ建築について

プレハブ建築とは

プレハブ建築とは、従来の建築方法に比べてより多くの部分に「プレファブリケーション※」という手法を適用してつくられた建築のことをいいます。

prefabrication:pre-(あらかじめ)fabrication(製作すること)

つまり、あらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場で加工を行わず組み立てる建築のことをいい、大きく以下の3種類に分類されます。

  • 1. プレハブ住宅

  • 住居用に建てられた戸建・賃貸住宅のことをいいます。

  • 2. PC(プレキャストコンクリート)建築

  • コンクリートを主要構造とする中高層建築物のことをいいます。

  • 3. 規格建築

  • 軽量鉄骨を主要構造とする、主にリース用や仮設の事業用建築物のことをいいます。

プレハブ建築の現状について解説しております。

詳細を見る>

↑