プレハブ住宅のできるまで

プレハブ式事業用建築物 組立ハウス 完成までの流れ

1. 工場生産

プレハブ式事業用建築物は、外壁や鉄骨が工場で一貫生産されます。部品・部材を工場で集中的に生産することで、現場施工の省力化と均質化がはかられます。

2. 現場施工

基礎工事完了後、予め工場で生産された部材により、躯体が組み立てられます。この際、接合部分などあらゆる点で徹底した品質監視及び検査が実施されます。

3. 完成

内装・外装を仕上げ、設備・建具を装備して事業用建築物は完成します。このようなプレハブ式事業用建築物は、カタログに代表されるように、お客様にわかりやすく商品として提示することが可能です。また、災害時の災害応急住宅の供給にも同様の生産・施工方法によって供給されます。

災害への取組み