お客様から高い評価

 経済産業省は毎年、工業化(プレハブ)住宅入居者を対象としたアンケート調査を実施しています。平成20年度は、4,000件の入居者を対象とした調査結果(調査時期:平成 20年 10月-11月)が発表されています。
 これによると、総合評価としての満足度(「満足」+「まあ満足」)は98%に達しています。
 また、購入で選んだ理由は「大手メーカーだから安心して任せられる」が76%と最も多く、次いで、「耐震性に優れている」(69%)、「耐久性、高断熱、高気密など品質性能が優れている」(67%)、「担当者の説明等を聞いて納得ができた」( 55%)、「アフターサービス制度が良いから」(49%)となっています。供給者への信頼性、高い品質や性能に対する評価が購入動機となっていることが明らかです。
 プレハブ住宅は、常に時代のニ−ズを敏感に察知し、これにお応えした上で、さらに研究開発で研鑽を積み重ね、これからの生活のあるべき姿を予測し、そのために必要となる゛豊かで満ち足りた生活゛を実現できる新しい提案の数々を盛り込んだ住まいづくりに取り組んでいます。このような姿勢を貫いているからこそ、プレハブ住宅は、品質、性能、工期、価格など、総合的な評価が非常に高く、満足できる住宅と、お客様の信頼をいただいているわけです。