実大住宅による、耐震性など厳しいテスト、検証で磨かれた住まい

 プレハブ住宅は今でこそ住宅供給の担い手として脚光を浴びていますが、ここに至るまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。日本には伝統的な住宅工法として木造軸組工法があり、一般的に用いられていました。そうした中で革新的な住宅工法によるプレハブ住宅の普及・浸透には、新しさゆえに品質チェックが不可欠とされました。プレハブ住宅は最新技術を用いた特殊工法の部類に入り建築をするためには、国土交通省(旧建設省)の認定を取得しなければなりませんでした。
 また、国土交通省の工業化住宅性能認定制度(その後、(財)日本建築センターの工業化住宅性能評定事業に移行)というハ−ドルもありました。そこでは、実大の住宅を用いて、強度、耐震、耐火、耐久、防音など様々な性能検査が苛酷とも思える条件で行われました。
 プレハブ住宅はこうした厳しいハ−ドルを越えて、商品化され今日の“プレハブ住宅時代”を築き上げたのです。プレハブ住宅は最新の工業化技術の集積です。そして、プレハブ住宅の技術はさらに進化、革新を目指し、今日も厳しいテスト、検証が行われています。明日の日本の住まいを求めて……。

基礎強度実験 木質パネル加力実験 火災実験
水平荷重実験 (実験装置にセッティング) (実験装置稼動中)
耐震実験