アメニティ技術で豊かな暮らしを創造する住まい

 安全で、耐久性に優れる住宅づくり……。
プレハブ住宅メーカーは今、こうした性能は住宅の基本であり、それはすでに技術的に終了、卒業したと考えています。100年間長持ちする住宅もプレハブ住宅はすでに開発しています。プレハブ住宅がいま目指すのはアメニティ(快適さ)です。

楽しい食事を演出するダイニング 爽やかなくつろぎと美味しさを演出するキッチン
家族全員がつどうゆとりあるリビングルーム ホームシアター

 豊かな時代にふさわしい、快適な生活を過ごす場としての住まいづくりの研究開発に急ピッチをあげています。
 病気をせず、健康で長生きできる住宅は? 高齢化時代に対応した住宅は? 3世代が仲良く暮らせる住宅は? ……など、新しい時代に対応した住宅の技術開発がさまざまな学問分野を総動員して行われているのです。
 真に快適な暮らしを実現する……。それはプレハブ住宅が主役です。