釜石市 石巻市 桑折町
災害時における応急仮設住宅などの建設

一般社団法人プレハブ建築協会は、災害時における被災された方々に一刻でも早く応急仮設住宅を提供できるよう災害救助法に基づき建設する体制を整えております。被災地都道府県が応急仮設住宅を必要と判断され、要請に基づき会員を斡旋し、迅速に供給いたしております。

プレハブ建築協会における災害対策業務の位置づけ
災害時における応急仮設住宅建設の業務は、主に当協会内の規格建築部会(会員13社)が対応しております。 会員は、全国104か所の工場、デポ、センターを保有しており国内全域の災害時における供給体制を備えております。(平成25年3月1日現在)
近年では、阪神・淡路大震災、有珠山噴火、新潟県中越地震、福岡県西方沖地震、東日本大震災などの被災者のための応急仮設住宅を供給いたしました。また、トルコ、台湾などの地震被災者のための住宅及び東チモール、コソボ自治州などの国連平和維持部隊(PKO)のための事務所・宿舎など、応急仮設住宅の再利用への協力を行って参りました。