行動憲章

当協会は平成25年1月31日で創立50周年を迎えました。
創立50周年を迎えるにあたり、プレハブ建築協会のさらなる飛躍を図るため、創立40周年に策定した「プレハブ建築協会行動憲章」と部会の「行動ビジョン」を改定致しました。

一般社団法人プレハブ建築協会 行動憲章

一般社団法人プレハブ建築協会は、創立から半世紀を迎え、建築生産方式の近代化・合理化という設立時の趣意書の精神を継承しつつ、新たな時代の要請に応え、業界の先導役として、さらなる飛躍を図るため、ここに行動憲章を定める。

1. プレハブ建築協会は、
高品質な空間、環境を創造する技術力に優れた企業が集まり、本格的な少子高齢社会においても、より豊かで活力に満ちた社会を創るために活動することを基本行動理念とする。また、活動にあたっては、法令を遵守し、社会的責任を全うするものとする。
協会は、この理念に基づき、自立した活動を行うとともに、理念を同じくする他の団体との連携を積極的に行う。

2. 協会は、活動の指針を次のようにとらえ、その実現に向けて積極的に活動する。

安全安心への配慮
本格的な少子高齢社会の到来を踏まえ、生活の原点である安全安心の確保のために、建築・住宅における安全性、耐久性、快適性等の品質・性能の向上を図るとともに、大規模な災害等に対しても安全性を確保した生活基盤づくりを目指す。
良質な社会ストックの形成
プレハブ建築技術の進展を通じて、良質な建築・住宅の提供と豊かな街並みの形成を図るとともに、既存建築物の質の向上を進めることにより、長期に亘って活用される良質な社会ストックの形成に寄与し、豊かな社会の実現を目指す。
新たなニーズに対応した市場の創造
豊かなコミュニティの形成や住まい手の価値観の変化による新たなニーズに対応したサービスの提供など、時代の要請に応える市場の創造を図る。
地球環境への配慮
美しい地球環境を保全するために、地球温暖化防止、省エネルギー及び環境共生に対する配慮を通じて、持続型社会の実現を目指す。
国際貢献
技術交流の促進や災害時の復旧協力などを通じて、国際的な協調社会の実現を目指す。
人材の育成
プレハブ建築技術・技能の継承と向上を図るとともに、時代の要請に応じた新たなニーズに対応できる人材を育成するため、教育、指導及び啓発活動を推進する。

3. 会員は、協会の活動指針に基づき、次のように行動する。
自由で、公正で、透明な企業活動を行い、常に変化する市場環境に応えるため、各々の専門性・先駆性・独自性を発揮し、自らの持続的な発展に努める。
各々の企業活動にあたっては、常に社会の支持なくしては存在し得ないことを念頭において、企業の社会的責任の自覚のもと、法令を遵守し、自らの品格の維持向上に努める。

2013年 1月31日

行動ビジョンを見る»